シワを無くして若々しい肌を手に入れる方法

理想の目元

今後の動向はどのようになるのか

目頭切開とは、目頭の上から上まぶたにかけて覆い被さっている皮膚を少し切開する美容整形手術です。目頭切開をすることにより、目が中央に少し寄ることで切れ長の大きな目に見られます。目と目の間が離れていてバランスの悪いことでコンプレックスを抱えている人にとっては、簡単な手術で美しい目元が手に入ります。 現在では、片方ずつ眼帯をして手術後のダウンタイムをとりながら行うといったように、学校や仕事で忙しい人でも手術ができるように工夫されています。ですので、目頭切開は今後もたくさんの人が行うことと予想されます。1ミリ単位のちょっとした手術で理想的な目元を手に入れられますので、二重まぶたの人にも広がっていくと思われます。

目頭切開で注意すべき点

目頭切開では、手術後、自然な目元になるようにマッサージを行いますが、やりすぎたり必要以上に強い力でこすることにより目元にしわが入ったりします。手術時も、力が入りすぎることにより、いつもと違う目元になってしまったりするリスクがありますので、しっかりと医師の方の助言を聞くようにします。そして術後、おかしな点がありましたらすぐに医師の指示に従うことが必要です。 目頭切開は、切れ長で大きな目を手に入れられることが魅力ですが、あまりにもやりすぎてしまうと寄り目になってしまいます。ですので、手術前にはしっかりと医師と相談することがよいです。手術後についても、刺激することなく過ごしていくことで、自然な目元が手に入ります。

↑ PAGE TOP